教育
Education

地球科学コース

地球科学コース

コースの設置に関する背景、コースの概要、社会的ニーズ等

 近年、人類を取り巻く様々な地球科学的課題(地球温暖化、資源エネルギー、自然災害)があり、学際的で広範な知識をもってこれらを迅速に解決し持続的社会の創成に貢献できる人材が求められています。地球科学コースでは、このような高度職業人の育成を目指し、地球内部科学教育研究領域と地球表層科学教育研究領域を構成する7つの研究室に属する教員が、国内外での野外観測や解析を通じて社会において即戦力となる実践的な教育と国際的な研究を進めています。

コースの教育プログラムの特徴

 本コースは、地球科学を専門分野とし、地球の営みをその生い立ちやプロセスの観点から総合的に理解し将来予測へ発展させる高度な専門教育を行います。地球内部科学教育研究領域では、地球内部の様々な構造や地球内部で起こっている諸現象を岩石鉱物学、構造地質学、地球物理学などの手法を用いて解析し、総合的に理解することを目指した教育研究を行っています。地球表層科学教育研究領域では、地史古生物学、堆積学、地形学、生物地球化学の手法を用いて、地層、化石、地形、雪氷、水などに記録されている過去から現在に至るまでの地球表層環境変遷史の解読・解明に焦点をあてた教育研究を行っています。特に同じ専攻内の都市環境システムコース、リモートセンシングコースで扱う都市環境や地球規模の環境計測手法と解析技術を同時に学ぶことで、ローカルからグローバルな視点で先進的に地球を診断しマネージメントする力を醸成することが大きな特徴です。

養成する人材像、進路等

 博士前期課程では、社会や教育の現場で地球科学の専門技術と知識を活用して活躍できる人材を養成します。主な就職先は、資源探査関係、建設関係、測量関係、気象関係、国・地方公務員、教員等。
 また、博士後期課程では、地球科学分野の研究者や技術者として活躍できる人材を養成します。主な就職先は、大学、(独)産業技術総合研究所、国立極地研究所、宇宙航空研究開発機構等。

▲ PAGE TOP