教育
Education

物質科学コース

物質科学コース

コースの概要

 物質科学コースは,原子のレベルまで踏み込んだ微細な世界を扱うナノ物性コースと,バーチャルなイメージから目に見える形のリアルなイメージを作る画像マテリアルコースとが合わさって,新しくできました.工学の数多くのイノベーションの成果は,何らかの物質・材料によってシステムが構築され、目に見える形に実現して利用されます.いろいろの性質を持つ物質を適切に利用することは,高度情報化社会の基盤を支えるものです.物質の性質を明らかにすることは,イノベーションの成果を最大限に発揮させるために非常に重要です.例えば,エレクトロニクスの世界では材料物質の電気的性質を解明し制御することが鍵になりますし,画像の世界では画像の入力・出力に用いる物質の開発が不可欠です.そしてその物質の利用はより微細な原子レベルにまで広がり,ナノイメージングをはじめとするナノの世界での取扱へと進んでいます.豊かな社会の基盤を支える物質を,ナノの領域まで深めて解析し,エレクトロニクスや画像をはじめとする幅広い分野に展開する工学技術を扱っています.

教育プログラム

 物質科学コースでは,材料に関わる物理や化学をベースに,ナノサイエンスを軸として,デバイス工学や画像科学へと展開する流れを,物質科学とその応用という観点から学び,高度情報化社会の基盤を支える物質科学に関わる多様な領域で活躍する人材を育成します.物理や化学に深い根っこを持った上で,基礎的な材料物性から,ナノの世界に拡大したエレクトロニクスや画像の入力・出力などの分野へと,横へ広げていきます.画像のマテリアルとナノのサイエンスの基礎からナノイメージングの技術についても学びます.これらをベースに,物質の関わる世界全体を俯瞰できるT字型人間を育成します.

養成する人材像、進路など

 リアルな画像を作る伝統を画像マテリアルコースから,ナノの世界の取り扱いをナノ物性コースから引き継いでいます.両方の枠を超えて,ナノイメージングなど幅広い領域に拡大していきます.まさにT字型人間の活躍する世界です.
 ナノスケールの物質の性質が関与するエレクトロニクスなどに関わる製造業,画像の入出力機器,記録・表示のシステムと材料などの画像関連産業などの様々な産業が物質科学の世界に広がっています.卒業生にはナノの知識をもとに,新しく広がる世界での活躍が期待されます.

▲ PAGE TOP