先進科学プログラム
Frontier Science Program

目的・目標

1.目的・目標 

近い将来のメガトレンド(社会課題)に対し、社会の持続的発展と、その為のイノベーション創出に貢献できる次世代グローバル人材の育成を目指す。

具体的には、各々の専門性を軸としつつ、理学と工学、またアカデミアと産業界を俯瞰する能力(関係する知識・技術)、さらにはこれら分野間での協奏(共創)を先導的・主体的に実行し得る能力(論理的思考力/課題発掘・解決力/コミュニケーション力等)の修得を目標とする。

2.コンセプト

『ビジョンを持ってワーク!』

学生自らが将来のビジョン(目標)を銘記し、先ずは座学で関係する必要な基礎知識を学ぶ。
さらにグループ討議型学習・実習を通して、今後の成長に必要な論理的思考力/課題発掘・解決力/コミュニケーション力を強化する。

『一芸に秀でて異文化に挑戦!』

研究でチャレンジしている内容が、どのような社会的価値を創造するか、また社会的ニーズを満たすか、仮説を持ち自らが外に出て実習し検証する。 社会からの期待、社会における価値を理解することで、研究を見直し、ステップアップに繋げる。

『逆境を糧に大きく成長!』

大学院先進科学プログラムの各カリキュラムを推進する中で、自らの成長を実感させ、目的とする次世代グローバル人材の育成に繋げる。

▲ PAGE TOP