入試
Graduate Admissions

教育課程の編成及び実施に関する方針

  • Home
  • 入試
  • 教育課程の編成及び実施に関する方針

博士前期課程

「自由・自立の精神」を堅持するために

  • 理学あるいは工学の関連分野において,深い学識を修得させると同時に,理工俯瞰型の幅広い視野を持たせるための教育課程を提供する。また,柔軟な思考力と深い洞察力を育成する教育課程全般において,学習活動や研究活動に対して自己の判断・計画に基づいて主体的に取り組ませる。
  • 自己の学識,思考や洞察の結果を,具体的な行動に移すことに関する実践的な教育の機会を提供する。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために

  • 専門領域における教育研究において,地球規模的な視点から社会との関わりを考察することのできる機会を提供する。
  • 専門分野の知見に関して,他の専門分野の人や様々な背景の人と効果的にコミュニケーションを行えるようにするための教育の機会を提供する。

「専門的な知識・技術・技能」を修得するために

  • 理学あるいは工学の関連分野に関する深い学識を与えるための体系的な教育課程を提供するとともに,学識を問題解決に活用するための実践的考察を行う機会を提供する。
  • 自己の専門分野と関連する他の専門分野との関係を理解するために,理工俯瞰型の教育の機会を提供する。
  • イノベーション創出に資する教育の機会を提供する。

「高い問題解決能力」を育成するために

  • 専門知識を統合・整理して課題に取り組み,問題を解決する能力を涵養することのできる教育の機会を提供する。
  • 他者と協調・協働することによる実践的課題解決能力を養うための教育の機会を提供する。
  • 問題解決の基礎となる汎用的能力を涵養するため,大学院における高度な教養教育の機会を提供する。

各コースの方針

数学情報科学専攻

地球環境科学専攻

先進理化学専攻

創成工学専攻

基幹工学専攻

博士後期課程

「自由・自立の精神」を堅持するために

  • 学位論文のための研究において,研究課題の設定,研究計画の策定,研究の進捗管理について,研究倫理に則り,自ら主体的に取り組む能力を修得させる教育課程を提供する。

「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために

  • 自己の専門領域に関して,地球規模的な視点からの問題について理解し,その解決のためにどのような研究開発が必要かを考察する機会を提供する。
  • 自己の研究成果を外国人や専門分野の異なる人を対象に説明し,情報交換をする機会を提供する。
  • 国内外の多様な文化や歴史を理解した上で,多様な人と交流し,教養を高めるための教育の機会を提供する。

「専門的な知識・技術・技能」を修得するために

  • 学位論文のための研究において,新しい知見や価値の創造に主体的に関与する機会を提供する。
  • 学位論文のための研究において,具体的な研究計画の策定,研究成果の評価を踏まえた進捗管理の実践を体験する機会を提供する
  • イノベーション創出の実践を目指す教育の機会を提供する。

「高い問題解決能力」を育成するために

  • 学位論文のための研究において,共同研究者や研究協力者などと専門領域の情報・知識を共有し,指導的立場に立って協調・協働して研究を推進する機会を提供する。
  • 自立的・指導的な研究者として研究・教育に従事するための実践的教育の機会を提供する。

各コースの方針

数学情報科学専攻

地球環境科学専攻

先進理化学専攻

創成工学専攻

基幹工学専攻

▲ PAGE TOP